1. 茅橋ラーメン 千葉ニュータウン店

最初の2回のチャレンジで食べ切れなければ3,000円が請求され、3回目と4回目で失敗すると5,250円を支払わなければなりません。また、スープも全部飲みきらなければ完食とは見なされず、チャレンジ中に席から立つことは禁止されています。店内または駐車場で吐いてしまった場合、清掃代として2,000円を追加で請求される上に失格となるので気をつけましょう!

  1. おやじの厨房のらくろ

スライスしたハムやきゅうりなどのトッピングを載せた冷やし中華は、日本で人気の夏の料理です。マーボー麺は辛い味付けの豆腐がトッピングされた麺料理です。これらは中国の料理を日本人の味覚に合わせて改良された料理です。

氷結ジャンボ冷やし中華チャレンジでは5人前の冷やし中華を時間内に完食します。賞金はありませんが、制限時間内に完食できた人は無料となります。

超激辛ジャンボマーボー麺チャレンジを30分以内にクリアできれば、賞金1万円が手に入ります。

いずれのチャレンジも、失敗した場合の代金は4,500円となります。

  1. 風の味 らーめん GOIN GOIN

麺とスープが別々に提供されるつけ麺は、従来のラーメンの熱いスープが苦手な人におすすめの日本料理です。風の味 らーめん GOIN GOINでは、2つの美味しいつけ麺チャレンジが行われています。

バケツ一杯の麺ともやしが運ばれてくるのを見ると、圧倒されてしまうかもしれません。スープが薄くなってきたら、お店の方で足してくれます。

  1. 餃子の満州

日本の餃子は中国のものと違い、茹でるのではなく焼くのが主流です。名前からも分かるように、餃子の満州は焼き餃子の専門店として素晴らしい評判を誇っています。ここでは、大きなチャンス(もし食べ切れれば、ですが)と楽しさあふれる3種類のチャレンジが開催されています。

  1. 60分以内に餃子100個が食べ切れれば、無料になります。
  2. 制限時間内に餃子を100個以上食べられれば、代金が無料になります(残した場合は、その分の料金が請求されます)。
  3. 店舗の記録を更新すれば、3万円の賞金を獲得できます。

チャレンジ中に席を立つと自動的に失格となりますので、ご注意ください。